トレーラーハウス(事務所・住居)の販売はパークホームズへ

PARKHOMES パークホームズ
デザイン・トレーラーハウスで差別化を
【全国対応】お電話でのお問い合わせはコチラから
フリーダイヤル0120-222-809
9:00〜19:00 休業日:火曜日(本店)
※各店舗の定休日は店舗情報一覧をご確認ください

【全国対応】無料お見積のご相談など相談窓口はコチラ

トレーラーハウスをご検討中の方へ
School Bus
輸入スクールバスの紹介
HOME > トレーラーハウスとは? > 輸入スクールバスの紹介

アメリカン・オールドバスのご案内

ランドマークになる店舗をさがしている経営者様へ

輸入(アメリカ製)スクールバスの目新しさは「集客力」を勢いづけます。

アメリカの良き時代を彷彿とさせるレトロなバス自体は、日本ではとても珍しい存在。
さらに店舗などの商業利用となると、もっともっと珍しい存在となります。
日本で、海外のレトロなスクールバスを輸入し、商業用にカスタマイズする業者は、私たちが知る限りで、非常に少ないです。

アメリカン・オールドバスだと、費用対効果が大きく期待できます

賢い経営者の今の選択は、アメリカン・オールドバス!

トレーラーハウスで通常の出店よりも約半分のコストに

  • アメリカン・オールドバスは、中古のスクールバスです。
    中古のバスといっても、日本で走らせるわけではなく、店舗利用などには、性能や耐久性は充分です。
  • アメリカン・オールドバスの魅力は、レトロなデザイン性だけではありません。
    初期投資額をグッと抑えて、集客UPにつながること!
  • 飲食店の場合は、出店の際に最低でも1,000万円程度かかり、退店の際に、原状復帰費用が必須なので造る&壊すことで費用はさらに膨れていきます。
  • 中古スクールバスの場合は、その約半分の500万円程度あれば、大抵のことはできてしまうと考えてください。
  • 海外から輸入したスクールバス自体が、日本ではとても珍しい存在。
    さらに店舗などの商業利用となると、もっともっと珍しい存在となり、SNSで拡散されやすくなります。(内装のこだわりも必要不可欠になります)
  • 自賠責保険に加入することで、仮ナンバーがつけられるようになり、実際にイベントなどでは移動販売も可能になります。

多くのビジネスモデルが思い描けるのがアメリカン・オールドバスの特徴。
だから、賢い経営者の今の選択は、アメリカン・オールドバスなのです。
※法令上の設置基準はトレーラーハウスと同様です。

アメリカン・オールドバスのLINE UP

Crown Coach Bus 1960年〜1990年
価格(レストア済み)平成30年3月1日 現在
車両本体価格¥4,900,000〜

※レストア・・・元に戻すという意味で、旧車を新車のように元に戻すことをレストア済み車と呼びます。

International bus 1975年〜1986年
価格(セミレストア済み)平成30年3月1日 現在
車両本体価格¥3,900,000〜

※セミレストア・・・不具合箇所を部分的に補修することをセミレストア済み車と呼びます。

International bus 1986年〜2003年
価格平成30年3月1日 現在
車両本体価格¥2,900,000〜

アメリカン・オールドバスが、多くのビジネスモデルを成功に導きます。

Fill out my online form.